好景気では低所得者層があおられ、お金を株に投資しますが、それは非常に危険で、家計の赤字や破綻を招くのです。

低所得者層のお金を投資に回すと赤字や破綻の危険性があります
低所得者層のお金を投資に回すと赤字や破綻の危険性があります
低所得者層のお金を投資に回すと赤字や破綻の危険性があります

低所得者層のお金を投資に回すと赤字や破綻の危険性があります

アベノミクスで世間が賑わっています。
景気が回復を見せていると、メディアや新聞を賑わせているのです。
百貨店では呉服、高級宝飾品、高級ブランド品といったものが売り上げ好調だと言われているのです。
来年から消費税が上がるので、駆け込み需要に過ぎないといった見方もありますが、それを好景気に戻りつつあると捉えているのです。
またマンションの売り上げも好調なのです。
消費税が上がる前にマンションを購入しておこうという考えがあるようです。
またサラリーマンの所得が緩やかに上がっているため、マンション購入に走る人がいるのです。
住宅ローンの金利が上がっています。
この後も金利は上がっていく可能性があるのです。
金利が上がるということは、世の中がインフレに向かっている証拠です。
インフレになるということは、すなわち好景気と言えるわけなのです。
そのため、株価の上昇も飛躍的であり、かつてのバブル景気を彷彿とさせる状況になっているのです。

株価の上昇が飛躍的であり、株の売買も頻繁に見られるのです。
株で利益が出たという人もたくさん存在するのです。
連日のようにメディアでは、株に注目した番組が放送され、株に投資したことのない人も、非常に関心を持ってテレビを視聴しています。
これだけ株価上昇が良いと、低所得者層でも株に投資してみようかという気分になってしまいます。
少ない所得のなかから、何とかお金を工面し株に投資する人もみられるのです。
株で利益がでれば、それを生活費に回し、家計の赤字から脱却しようとするのです。
こうした低所得者が生活費を工面するために世間にあおられて株に投資することを、生活防衛型投機と言います。
この生活防衛型投機は非常に危険性をはらんでいるのです。
低所得者層がうかつにリスクの高い投資に手を出してしまい、家計の赤字どころか、生活自体が完全に崩壊・破綻してしまう可能性を秘めているのです。
低所得者層は、メディアでの好景気にあおられ、知識を持たずに株式投資に手を染めるのではなく、こうした好景気のときこそ、堅実に賢くお金を貯める方向に思考をシフトさせなければいけません。


Copyright(c) 2016 低所得者層のお金を投資に回すと赤字や破綻の危険性があります All Rights Reserved.